Categories
OS IT Support

FreeBSD : sshやtelnetでログインしたまま、ターミナルを閉じてしまった場合の対処方法

掲題ままですが、残った仮想端末のプロセスを削除する方法を書いておきます。通常、ターミナルを落としたら、プロセスも消えるのでこのような状況にはならないのですが、不安なときの確認にもなるので。。。

  1. ターミナルから切断したユーザでログインし、以下のコマンドを打ち、現在の仮想端末の番号を確認します。
    > who
    以下のような結果が出ます。
    taro  pts/0 6月 16 04:52 (xxxxxx.or.jp)
    taro  pts/1 6月 16 04:56 (xxxxxx.or.jp)
    最も新しくログインしたものが自分なので、ここではpts/1が現在のターミナルです。
     
  2. そのまま以下のコマンドを実行し、仮想端末のプロセスを探します。
    > ps -aux | grep `whoami`
  3. 以下のような結果が表示されます。
    root 27048 0.0 1.4 20428 7976 - Is 04:52 0:00.02 sshd: taro [priv] (sshd) 
    taro 27050 0.0 1.4 20432 8008 - S 04:52 0:00.02 sshd: taro@pts/0 (sshd) 
    root 27124 0.0 1.4 20428 8012 - Is 04:56 0:00.02 sshd: taro [priv] (sshd) 
    taro 27126 0.0 1.4 20432 8036 - I 04:56 0:00.00 sshd: taro@pts/1 (sshd) 
    taro 27051 0.0 0.5 12628 2880 0 Ss 04:52 0:00.01 -sh (sh) 
    taro 27132 0.0 0.4 12324 2636 0 R+ 04:57 0:00.00 ps -aux
    
  4. 古いプロセスをkillします。
    kill 27050